モミジに映える

妙義神社の四季 / 写真と文 広田けい

ミズキの若葉

ミズキ科。森の中に響くクロツグミの声。(妙義神社)

静かな春

桜の季節を終え、静かなになった境内。(妙義神社) 波己曽社の工事が終了しました。(妙義神社)

石垣

桜とはまた違ったツツジの美しさ。(妙義神社)

山桜

新緑。藪の中から枝を伸ばすヤマザクラ。(妙義神社)

参道

門前の桜並木。(妙義神社)

手水舎

今年も花見は粛々と。(妙義神社)

コブシ

モクレン科。冷たい風に白い花が揺れていた。(妙義町妙義)

明け方

山麓より望む北関東の夜景。(妙義町妙義)

花曇り

河津桜。朝方はまだまだ冷え込む。(妙義町岳) 山麓の春はゆっくりと。(妙義町岳)

参道

日に日に位置を変える太陽に合わせ、石垣の影も移動していく。(妙義神社)

飛散注意

撮影中、カメラに黄色いスギ花粉がたくさん付着した。(妙義神社)

椿

長床にて。(妙義神社) 現在、本社拝殿は改修工事中です。

フキノトウ

キク科。三寒四温の日々。(妙義神社)

日光白根山

上州より望む信仰の山。(妙義神社)

氷柱

ここ数日の暖かさでツララも小さくなる。(妙義神社)

総門

森の奥でミソサザイが鳴き出した。(妙義神社)

立春の山麓

妙義山麓は蝋梅の花が見ごろ。(妙義町岳) 河津桜のツボミも大きくなってきた。今春は開花が早いかも。(妙義町岳)

赤妙義

朝日に染まる白雲山。(妙義町諸戸)

フクジュソウ

キンポウゲ科。寒い日が続く。(妙義神社)

山沿いは雪

週末の天候は荒れ模様。(妙義神社) 参道の石畳。(妙義神社) 降りが強まる前に山を下りた。(妙義神社)

古札収納所

オフシーズン。境内は静かな閑散の時期。(妙義神社)

朝焼け

夜明け時刻が早くなる。(妙義神社)

小雪の舞う日

日中、雪雲が通過。心配していた大雪にはならず。(妙義神社)

獅子とシシ

妙義の神に使える霊獣。本社拝殿にて。(妙義神社) 妙義山麓の森に棲む猪。藪からウリ坊が出て来た。(妙義神社)

正月明け

ロウバイの黄色い花。境内に流れる雅な楽曲。(妙義神社) 手水舎。ご理解、ご協力お願い致します。(妙義神社)

御神木

暮れに強烈な寒波が襲来しそうだ。(妙義神社)

ヒガンバナの越冬

冬枯れの境内で青々した葉がよく目立つ。(妙義神社)

総門

参道には電灯が下げられ、あとは年末年始を待つばかり。(妙義神社)

弁天池

ここ数日の冷え込みで池の水が凍結。(妙義神社)

冬の参道

石段の吹き溜り。昨晩の北風で残っていた葉がほとんど散った。(妙義神社) 隈笹。森の奥まで日が差し込む。(妙義神社)