モミジに映える

妙義神社の四季 / 写真と文 広田けい

御殿

妙義山麓もモミジの色付きが進む。(妙義神社)

雨上がり

冷え込んだ朝。(妙義神社)

コガネタケ

ハラタケ科。美しい黄色いキノコ。(妙義神社)

天空の社

標高約500メートル。透き通った朝の冷たい空気。(妙義神社) 「新型コロナウイルス 皆の力で打ち克ちましょう 1日も早い終息を心から祈ります」 妙義神社より

大牛川

薄暗い森が明るくなってきた。(妙義神社)

神饌所

赤い戸に白い障子。(妙義神社)

灯籠群

苔生して。(妙義神社)

ヒガンバナ

ヒガンバナ科。色褪せてゆく境内の木々。(妙義神社)

スギ林

朝霧。早朝はだいぶ涼しくなってきた。(妙義神社) 不安定な天候が続く。(妙義神社)

テイカカズラ

キョウチクトウ科。参道脇で見つけた赤い葉。(妙義神社)

台風の季節

台風10号の影響で終日悪天。早朝、一瞬だけ太陽が姿を見せた。(妙義神社) 増水した大牛川。雨水が勢いよく流れる。(妙義神社)

大岩に鎮座す。(妙義神社)

サルスベリ

ミソハギ科。朝からツクツクボウシの合唱。(妙義神社)

鈴の音

川風に揺れて。(妙義神社)

夏の境内

盆入り。参拝者が汗を拭いながら通り過ぎる。(妙義神社) 総門に提げられた大きな常夜灯。(妙義神社)

老松

梅雨が明けると、連日の真夏日。(妙義神社)

石畳

梅雨明けも気になるころ。(妙義神社)

ヤマユリ

ユリ科。雨に打たれる夏の花。(妙義神社) 仏花。延命地蔵にて。(妙義神社)

総門

ヒグラシが鳴き出した。足元にお気を付けください。(妙義神社)

大牛川

続く雨。深い谷筋。(妙義神社) ドクダミが沢水に濡れていた。(妙義神社)

獅子

参道の往来を見守って。(妙義神社)

絵馬

シュウカイドウが青い葉を広げる。(妙義神社)

サカキ

雨上がりの境内。(妙義神社) 白い花にたくさんの虫が飛び交う。(妙義神社)

参道と山道

テンが1頭、石段を横切って行った。(妙義神社) 神社から伸びる中間道。クマに注意。(妙義神社)

雨の本社

唐門のキセキレイの巣は、無事に巣立ったようだ。(妙義神社) 随身門で雨宿り。(妙義神社)

清水

まばらだった境内の人影が少し増えてきた。(妙義神社)

入梅

しだれ桜から生えるスギの幼木。関東甲信越地方は11日に梅雨入り。(妙義神社)

波己曽社

森の奥からサンコウチョウのテンポ良い声。(妙義神社) 本殿裏側に差し込む朝日。(妙義神社)

ユキノシタ

ユキノシタ科。小さくて美しい花。(妙義神社)

石段

参詣を自粛していた人を久しぶりに見かけた。(妙義神社)